ログイン
電話で問合せ メールで問合せ 体験会 店鋪一覧 電話番号(フリーダイヤル)
HOME »  商品詳細ページ  » ホワイトマザーグース(ハンガリー)羽毛布団

ホワイトマザーグース(ハンガリー)羽毛布団

ホワイトマザーグース羽毛布団
:ハンガリーホワイトマザーグース700g
:インド超長綿、極細コーマ120番手単糸のサテン地使用

羽毛:ホワイトマザーグースダウン 95%、DP(ダウンパワー)450、
   ホワイトグースフェザー 5%
充填量:700g
側生地:インド超長綿 極細コーマ120番単糸サテン生地
     6x78の48マス、立体キルト仕上げ
生地色:ホワイト色
サイズ:150cmx210cm

羽毛掛け布団ハンガリーホワイトマザーグース

送料を確認する

HMG95450DPQ1212m6x8  シングル
好評のため残り僅かになりました。お早目のご注文お待ちしております。
価格:109,780
数量

羽毛布団の質を決定するものは

1:羽毛の種類
2:羽毛の精毛の程度
3:側生地の種類とグレード
によって決まります。

ハンガリー産ホワイトマザーグースを使っています。
日本国内で世界最高レベルの精毛を行った安心・安全の羽毛布団です。

成熟したグースの親鳥から採取される羽毛=マザーグース
マザーグースは飼育日数の長い親鳥の成熟した羽毛を採集する為に丈夫で嵩高の良い羽毛が特徴です。

豊かな自然環境と厳しい気候条件から生み出される高品質羽毛
ハンガリーは最も素晴らしいグースダウンの産地の一つとして世界中の専門家の間で知られてきました。
ハンガリーは肥沃な土地柄を生かし、広大な穀物畑が広がっています。
自然が厳しく冬季には厳冬となり、昼と夜の寒暖差が激しい土地でもあります。
この様な豊かな土地であるととと共に厳しい気候条件の中でしいくされ飼育されたグースから採取される羽毛のダウンボールは大きく、羽枝も発達してる為に嵩高性に優れる為と共に保温性、弾力性に富んだ素晴らしい羽毛です。

120番極細超長綿の側生地も快適さの理由
羽毛布団の快適さのもう一つは側生地によって決まります。
使用している経糸、緯糸共にインド産超長綿の極細コーマ120番手単糸を使用したシルキーで光沢も美しい、サテン(朱子織)の最高級生地です。
㎡98gという軽さがまざーマザーグースの膨らみをさい最大限に引き出しますます。
軽くてソフト、しな、しなやかに眠る人の身体と寝動きに添ってくれます。
大きなダウンボールが嵩高さと軽さと温かさのもととなります。

700gの詰め容量で三つ折りしてもすぐ立ち上がり、崩れる程に膨らむ嵩高さで、軽くて、しなやかに身体に沿ってくれて温かく快適な寝心地の羽毛布団となります。
それは120番手と言う極細の糸で織られた軽くて柔らかな極上の側生地にもよるものです。

SLEEPSHOPのこだわり 
酸化還元作用を持つ超軟水で洗浄する国内精毛で世界最高水準の安心、安全の羽毛布団であること

羽毛布団で最も大事なことの第一は洗浄、精毛の中身です。
他社では明らかにされない、羽毛の精毛工程、SLEEPSHOPではこの過程を大事にしています。
私達が安心・安全の羽毛布団という根拠はここにあります。

日本の多くの羽毛ふとんは、海外で精毛(洗浄・除塵)を行った羽毛を輸入し「パワーアップ加工・消臭加工」を行って羽毛ふとんに詰めて販売しています。
もちろんコレでも「日本製」として日本羽毛製品協同協会から認められています。

しかし、この精毛が不十分であるとホコリや汚れが残り、臭いの原因となります。
SLEEP SHOPはこの精毛工程を国内で行い、ホコリや汚れ、臭いのない羽毛ふとんを取り扱っています。

精毛工程  
1.前除塵 油脂を含むホコリを取り除き、洗浄時に汚れが取れやすくする
2.洗浄 奇跡の軟水(超軟水の1/10程度の硬度)で、少ない洗剤で磨き洗い
3.乾燥 150度の温度で一気に乾燥させることで、羽毛を傷ませない
4.冷却除塵 洗浄と乾燥を行うことで開いた羽枝(ダウンの枝の隙間)に詰まった汚れを取り除く
5.選別機 日本最大の選別機に入れて羽毛を細かく選別すると共に、毛根なども取り除く
6.品質検査 国内外の検査基準より厳しい基準で行われる検査
7.MIX ダウン率、水分率、黒点率、雑物の確認で品質差の無い羽毛造り

羽毛原毛の精毛とは

SLEEPSHOP委託の国内精毛工場では羽毛の除塵、洗浄、乾燥、冷却除塵、選別、品質試験、MIXという精毛工程の全てを国内世界最高水準の国内工場で行っています。

販売されている羽毛布団の殆どは、よくある羽毛布団販売会社の資料に出ている様な海外洗浄の羽毛を超圧縮して袋に詰め込んだ羽毛を空気で撹拌してつぶれや圧縮から回復させるフレッシュアップを行った羽毛を充填するだけの羽毛工場とは全く異る羽毛の精毛専門工場となります。
羽毛の世界的な展示会や品評会でも「プレミアム」と評価されるが国内最高品質の精毛工場です。
 

超軟水(酸化還元作用のある)による洗浄だから世界最高水準の洗いが出来る。

一般にヨーロッパは硬水ですので人々は日常的にもミネラルウォーターを飲まざるを得ませんが、それに比べれば日本は軟水が一般的です。
それら一般的な軟水に比べても手で触れば誰もが驚く程の超軟水で羽毛の羽枝と呼ばれる毛根の細部まで入り込んできれいに洗える秘密はこの超軟水での洗浄にあります。
羽毛原毛の除塵工程

除塵・冷却除塵工程

水洗い前に除塵工程で原毛に付着した汚れや垢などを取り除きます。
その後に羽毛を冷却して再度の除塵を行い、目に見えないほこりなども綺麗に取り除きます。
羽毛乾燥

乾燥工程

除塵の後に一度一気に乾燥させます。
羽毛を傷めない為に高温の蒸気で一気に乾燥させます。
精毛工程で繊細な作業工程のひとつです。
洗浄工程

洗浄工程・超軟水で細かな付着物も洗い落とします。

この洗浄過程で使用されるのが日本有数の降雨地帯である大台ケ原に降り注ぎ、何十年、何百年もかけて湧き出す貴重で稀有な抗酸化作用を持つ超軟水です。
羽毛選別

羽毛選別工程

大きく高さのある選別機械の中に洗浄乾燥された羽毛を投入し、送風によってダウンとフェザーをより分けます。
更にダウンでも細やかさ、軽さ別に選別されていきます。

自然の恵みの酸化還元作用のある超軟水を使用し国内精毛で生み出す世界的プレミアム羽毛


世界有数の雨量を誇る大台ケ原山系を水源とする超軟水の酸化還元水を使用する羽毛工場。

超軟水の程度は 

 ​軟水の規定が60mg/L未満であり、一般の水道水が50~60mg/Lであるのに対して、
 河田フェザーが使用するのは 3mg/Lと言う超軟水です。
 ちなみにヨーロッパでは自然水は硬水である為にそのままでは胃を傷つける為に人々はミネラル水を飲んでいます。
 ボイラーなどで硬水成分を取り除いても軟水にはなり得ません。
 この水の違いが羽毛の製品品質に大きな違いを生むのは、食品などにも共通することからも伺えます。

酸化還元水の程度は

 日本の水道水の抗酸化率が+500~600 opr(mv)であるのに対して、
 河田フェザーが使用するのは-131 opr(mv)という抗酸化(還元)力の強い水です。
 

超軟水と酸化還元水で洗うメリットは

◆水の粒子が細かいので洗剤の使用量も少なくて済み、水の硬度が低いので石鹸霞が発生しにくく綺麗に 
 洗えます。
◆使用する超軟水は浸透力が特別高い為に、羽毛の隅々まで浸透し、アカや脂肪分を綺麗に取り除きます。
◆還元力が高い弱アルカリ性(ph8~9)の水で洗う事で、酸化した部分を還元する力があり羽毛を傷めることなく逆に損傷部分を修復することが出来ます。
 

温暖湿潤気候帯という世界的にも珍しい気候と自然環境が生み出す世界的プレミアム羽毛

世界有数の雨量を誇る大台ケ原山系。
その山々に降り注ぐ雨水は深く険しい山々に降り注ぎ、長い時間をかけて積もった腐葉土や深い土の層から岩盤へと浸み込み地下に達して大量の地下水となって地下を流れています。
その為水に溶けやすい鉱物が洗い流されて超軟水の酸化還元水となります。
この超軟水の酸化還元水で精毛されるからこそ天然の羽毛は傷められることなく隅々まで本当にきれいに磨き上げる様に洗われます。
 

安心・安全の羽毛が生まれるのは奇跡の水と国内精毛によって。

化学石鹸や洗剤を使用せずとも細かい水の粒子が隅々まで浸透する為に天然由来の石鹸で洗われた羽毛は毛根の中でも羽毛の末端の羽枝と呼ばれる呼ばれる部分の油脂分までも綺麗に洗い落とせます。
その為に鳥の羽特有の臭いもほぼなく、鳥アレルギーの元となる種々やダニの死骸などはきれいに取り除きますので安心してお使い頂けます。
世界の何処にもない水質の水で洗われることでその品質は「世界プレミアム」と評されるほどです。

作物の生育具合、食べ物の良し悪しも結局は水の良し悪しによってきまると言われるほど重要な水の役割。
羽毛の品質も産地だけでなく結局は最後の仕上げで良いモノになるのか?安心して使えるのかはこの精毛工程にあります。
安心・安全の羽毛と言う意味は超軟水・酸化還元水で隅々まできれいに洗える水と日本の丁寧な精毛工程にあるのです。

環境・水質・丁寧な洗い、徹底してキレイな羽毛にこだわる国内精毛 
それは安心安全の為

羽毛の汚れと付着物
羽毛の原毛には様々な埃や垢、汚れや害虫などが付着しています。
洗浄度合いが不十分であればこうした不純物や有害なものも羽毛内部に付着した状態で使用されている場合があります。
化学洗剤などで洗浄すると羽毛自体を傷めることになります。
その為に精毛には洗浄に使用する水質や洗剤など含めた様々なノウハウが詰まった工程になり、それが羽毛の品質を左右する重要な工程なのです。
羽毛の国内精毛
日本有数の降雨地帯、大台ケ原台地に降り注ぐ雨水、長い年月をかけて超軟水となり湧き出しています。
この粒子の細かな超軟水を使用して徹底的な洗浄、除塵で小羽枝と言われる羽毛の細部まできれいに洗浄しています。
これこそが臭いやアレルギーまで発生させない世界最高水準の国内精毛です。
洗浄前は黄色く(写真左)ホコリ等も多くありますが河田フェザーの徹底した洗浄により磨き白くなり小羽枝まで開くことで大きくふくらみます。
一年を通して乾燥した風が吹く、奇跡の環境大台ケ原から湧き出す、奇跡の軟水そして弛まぬ精毛技術と努力の成果です。

 

過剰品質表示なしの清潔さと高品質で安心・安全の国内精毛の羽毛布団です。

2倍の清浄度を保証する洗浄度検査
通常1mでの透明度を計りますが、その2倍の2mでの透明度を計測して洗浄度を維持する様に検査しています。
羽毛品質検査
羽毛の羽枝の具合まで細かく検査して不良品が混じらない様に検査しています。
安心の羽毛をお届けします。
国内で何時でもチェックできる状態で精毛される羽毛を使用することで、安心・安全の程度には自信を以てお客様にお届けしております。

羽毛布団の快適さコストを決めるもう一つの大事な要素。それは蒲団の側生地です。

羽毛布団で大事なコトのもう一つのポイントは側生地にあります。
羽毛の機能性を発揮してもらう為には側生地に求められるのは
1:通気性
2:肌触り
3:軽さ
それらを高い次元で実現する経糸120番手、緯糸も120番手の極細のインド綿のサテン生地を使用しています。
生地品名 糸番手(経/緯) ㎡重さ 使用羽毛
Q-1212 120/120 98g/㎡ ハンガリーホワイトマザーグース
この側生地に使用されている120番手の糸がどれくらい細い糸なのか?
120番手の糸1kgでは1.68982kmx120=202.7kmの長さになる程の極細糸という事になります。
(202kmを直線距離すると東京~郡山の距離、大阪~金沢の距離となります。)
この糸の長さ1kmの重さは僅か4.93gという軽さです。
この布団の側生地1㎡(1m真四角)の重さは98gと言う軽さです。
この極細糸であられたサテン生地がマザーグース羽毛の働きを最大化してくれますし、軽くて暖かく、肌に沿ってくれる為に快適な寝心地となります。
この布団生地は上記の120番手と言う極細の綿糸使用の織りは一番左の経5枚サテンの生地となります。
 
サテン地
経5枚サテン生地の織り
サテン生地
緯5枚サテン生地の織り
平織
平織生地の織り
ハンガリー産ホワイトマザーグースの羽毛を使っています。
日本の工場で除塵から洗濯、乾燥、選別まで全ての工程を行う精毛で安心・安全の羽毛です。

ダウン率95%マザーグース
ダウンパワー450の高品質羽毛の証プレミアムゴールドラベルが付いています。
 
120番手の極細綿で織り上げたサテン地は軽くて柔らかく、身体に沿ってくれるので快適です、
Google+で共有 Facebookで共有 twitterで共有